喉ニ小骨ガ

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

「砂漠に降る花」
第四章 女神降臨


第四章 プロローグ2 ~再会がもたらすもの(2)~

2009.07.07  *Edit 

 パーティ会場に入ったアレク、リーズ、カリムは、そのまま壇上に上がった。
 顔見知りへの挨拶まわりをしてたナチルも加わり、リコもその場に呼ばれた。
 シャイなリコは、侍女服のスカートを握り締めながら、かなり緊張した面持ちでうつむいている。
 ナチルとリコについては、既に皆が良く知っているということもあり、名前を言って頭を下げただけで、奥へ引っ込んだ。

 サラプロデュースの、裏サプライズが始まる。
 三人のにわか王子が、舞台左手、ルリ姫の脇に並んだ。

 アレクは、幻の勇者と自治区領主、二つの顔を使い分けて来たが……今は、一人の王子だった。
 完璧な猫かぶりスマイルと勇者の肩書きに、若い侍女たちは頬を紅潮させて見つめている。
 手の届かない王子より、手の届きそうな平民……黒騎士も幻の勇者も、この国の女子にとっては手近系アイドルポジションのようだ。

 アレクの隣に立つリーズは、いつもより背筋を伸ばしつつも、「弟でーす」といつも通りの軽い挨拶を一言。
 のほほんとした癒し系キャラだが、やはり王子服パワーでキラキラ度がアップしている。
 特に、両サイドに目つきの悪い男が並んでいるので、ひょろりと背が高く笑顔の優しげなリーズは、それなりに素敵な王子に見える。
 大工仕事で筋肉がつき、少し日に焼けたのも逞しさアップのポイントかもしれない。

 最後に挨拶したのが、カリムだ。
 睨むと底冷えするようなアレクの三白眼と違い、苦痛に耐えるような、いらだたしげな少年の目つき。
 実際、カリムの心には大きな葛藤があった。

 自分が襲われたあの事件で、事情を聞きに来ていた騎士たちとは面識もあり、良くしてもらった感謝の気持ちはあった。
 しかし、このような形で対面するとなれば別だ。
 彼らは仲間ではなく、敵なのだから。
 そして今自分は『敵国』の中枢にいる……自国の代表として。

 鼻からゆっくりと息を吸い込み、肺のすみずみまで空気を取り入れると、カリムは出来る限りの落ち着いた声色で話し始めた。

「ネルギ国第一王子筆頭補佐官、カリムと申します。このたびは」
「――キャアッ!」

 突然の、サラの悲鳴。
 カリムが何事かと声のほうを向いたとき、視界が赤いカーペットの上に小さな塊を見つけた。
 椅子から崩れ落ち、はかなく倒れ伏せる妖精のような少女。

 とっさに床は下りたサラは、ルリの上半身を抱きかかえた。
 壇上の後方に下がっていたデリスが、真っ青になって駆けつける。

「大丈夫だ、すぐに治す」

 いつの間にか近づいていたエールが、右手をルリの額にそっと当てて、治癒の魔術を施した。
 息を詰めて状況を見守っていた人々は、震える睫毛がゆっくりと持ち上がっていく姿に、安堵のため息を漏らした。

「ルリ、どうした……?」

 至近距離で自分を見つめるエールと、胸の前に回された黒騎士の腕、両脇にはデリス、リグル、クロル。
 その向こうには、腕組みをしている国王。

「あ……私……ごめん、なさい」

 血の気の失せた表情が、なんとも痛々しい。
 サラは「具合が悪いなら、医務室へ」と告げ、うなずいたリグルがお姫様抱っこを試みようと、腕を伸ばしたが……その手は、細い指先で乱暴に払いのけられた。

 爪の先が当たってピリッと痛みを放つその手を握り締め、呆然とするリグル。
 その目は、信じられないものを捉えた。

 ふわりとなびく髪と、床を跳ねるドレスの裾。
 青ざめた陶器のような肌を、一気にピンクに染めながら、一人の男の胸に飛び込んでいく可憐な妹。
 相手も、驚愕に目を見開いている。
 自分の胸にぴったりと密着する妖精を前に、カリムはボソリと呟いた。

「……てめー、誰だよ」

 一瞬、会場はシンと静まり返った。
 思わず顔を上げた妖精は、その瞳に映る険を確認すると再び倒れ……静寂はパニックへと変わった。

 きっとルリ姫は、カリムを気に入るに違いない。
 サラの仕掛けた裏サプライズは、成功しすぎてしまった。

  * * *

「申し訳、ありません……父様、お兄様……皆……」

 王族専用の控え室にある、豪華な革張りソファーに体を沈めながら、ルリが呟く。
 パーティ会場を一旦抜け出したのは、国王、王子たち、デリス、サラ、そしてゲストの四名とリコ。
 当然、カリムも混ざっている。
 部屋の隅、自分から一番遠くに陣取って、不機嫌そうな表情で壁際にもたれかかるカリムを見つめながら、ルリは意を決したように顔を上げた。

「実は私……武道大会予選の日に、暴漢に襲われたんです」
「バカなっ!」

 叫んだリグルを羽交い絞めにしながら、エールが続きを促す。

「ルリ、まさかこの城内で……なわけはないよな?」
「はい、あの日私はお忍びで城を出ました。その直後です」

 涙を堪えながら淡々と話すルリ。

「仲良くしていた侍女に、私は城下の祭りが見たいとねだったのです。いつものように我侭とあしらわれてしまうかと思ったら、その侍女が本当に手引きしてくれて……初めて、この城から出たんです」
「お前が結界を抜けたなら、俺は察知するはずだが?」

 エールの厳しい追求に、ルリは押し黙ると、ある言葉を漏らした。

「結界には、穴があけてあるのだと言われました。そこを通り抜ける便利な“薬”もあるのだと」
「飲んだのかっ!」

 リグルが再び叫んだ。
 耐え切れ無くなったルリは、透明な涙をポロリと零した。

「ゴメンナサイ……外の世界を、見てみたかったんです。すぐに侍女とはぐれてしまって、戻らなきゃと思ったときはもう遅くて……そのとき、助けてくださったのが、あの方です」

 ルリの視線は、再び部屋の隅へ。
 涙で潤んだ視線を受け、カリムはばつが悪そうに頭をかいた。

「悪いけど、俺は何も覚えてない。女の顔を覚えるのは苦手なんでね」

 すぐ傍で様子を見ていたリコが、ほんのり赤くなったカリムの耳を見つけて、笑いをかみ殺す。
 あっさり否定され、沈んだ表情のルリが、か細い声で話を続けた。

「私には、とうてい治せない傷を負われて……私は誰かに助けを求めました。その後、私の記憶は曖昧になってしまって、気がついたら侍女に連れられて、王城に戻っていました。きっと、変な薬を飲んでしまったせいで、夢を見たのだろうと思いました。そう思い込もうとしていたんです。だけど、あなたを見たときに、夢ではなかったと知りました。私の胸は震え、心は嵐のように乱れて……」

 ルリの涙は止まっていた。
 涙の代わりに、つぶらな瞳に浮かんだ淡い煌めきは……。

「ふーん。ルリ姉……コイツに惚れたね?」

 その場にいた誰もが、絶句した。
 再び意識を失いかけるルリと、氷の微笑を浮かべる小悪魔クロルをのぞいて。

  * * *

 ルリが白い喉を鳴らして飲んでいのは、どろりとした緑色のお茶。
 エールの薬でもある……サラの髪の毛茶だ。
 これをこしらえるために髪を切ったサラは、複雑極まりない表情で髪をいじりながら、美味しそうに飲み干すルリを見ていた。

 薬を飲んだのは一度きりだし、もう大丈夫と主張するルリに、リグルが無理やり飲ませた。
 もしかしたら、ルリの心に灯ったモノを、ごまかそうという気持ちもあったのかもしれない。
 大きくなったらお兄様と結婚する、と抱きついてきた幼いルリの姿が、リグルをほんの少し涙ぐませていた。

「もう皆、落ち着いたかな?」

 お前のせいでという、ほぼ全員からのツッコミの視線を華麗に交わすと、名探偵モードになったクロルは、てきぱきと話を進めていく。

「僕、前から思ってたんだけどさー。ルリ姉もしかして、侍従長に目をつけられてたんじゃないの?」

 部外者のアレクたちが居るのも構わず、クロルはあっさりとその名を出した。
 ルリは、細い指先を唇に当てながら、少し考えるように目線を揺らした後、首を縦に振った。

「確かに、侍従長にはときどき言われてたの。でも、小さなことよ? 私が定期的にバラ園でお茶会するのを、皆の仕事の邪魔になるから止めろって……」
「うん、そうだよね。エール兄が狂い切らないのも、誰かが赤い花に近づくのも、侍従長にとってはすごく面白くなかったんだろうね」

 クロルの語る内容を受け止めながら、サラは深いため息をついた。
 ルリを嵌めたという侍女も、きっと薬で操られたのだろう。
 こんなことは、他にもあるのかもしれない。
 まだ、事件は終わっていないのだ。

「あとさ、リグル兄?」
「なんだよ……」

 ルリの頭が置かれているソファのひじかけに両手を乗せ、力なく座り込むリグルに、クロルが言った。

「僕、ルリ姉を襲った犯人、分かっちゃったかも」
「――はぁっ?」

 飛び起きたリグルのせいで、ルリの横たわるソファ……いや、部屋全体がずしりと揺れた。

「その前に、確認しなきゃね」

 黙ったまま腕組みしつつ、成り行きを見守る国王。
 一重の目を細めながら、冷静に状況を判断するエール。
 動揺のせいか、汗だくのリグル。
 ただ目を丸くして、クロルを見あげるルリ。
 そして、彼らのやりとりを傍観するだけのサラたち。

 皆が注視する中で、涼しげな表情をしたクロルは、颯爽と部屋の隅に歩み寄った。

「お前……えっと、何て言ったっけ? カリブ?」
「カリムだ!」

 わざとだ……と、サラは思った。
 小姑じゃなくて、姉の邪魔をする弟の場合は何て言うんだろう。
 しかし、このシスコン王子たち……特にクロルは、きっとカリムの天敵になるに違いない。

「君の記憶力がとんでもなく悪いせいで、事件の解決がこんなに遅れたけれど……まあ、ルリ姉を守ってくれたことだけは感謝してもいいよ」

 カリムの瞳が、一気に戦闘モードへ変化した。
 殺気を察知して、今まで大人しくしていた、一人の男が動いた。
 目の前の小柄な少年へ向かって、伸ばされかけた腕が、いつのまにか別の腕に締め付けられている。

「まーまー、王子様も許してやってよ」

 片手でガッチリと腕を取ったまま、伸びかけの長い前髪をぐしゃりとかき混ぜる大きな手。
 カリムが絶対に逆らえない、兄貴分。
 ニッと笑ったアレクが、可愛い弟分を叩きのめす爆弾を投下した。


「こんな老け顔だけど、カリム君はまだ十八才だからさっ。女の子は、胸しか見てないんだって!」


 兄貴分の腕の中で、カリムはぐったりと力尽き……固まっていた全員がすかさず反撃ののろしを上げる。
 胸……と呟きながら、ドレスの胸元からのぞく谷間に手を当てるルリと、無言でハンカチをルリの胸元に広げるデリス。
 「最低っ」と叫び、殺意を込めて睨みつける黒騎士と、同じく殺気立つリグル。
 国王とエールは失笑し、クロルはお腹を抱えて大爆笑。
 アレクは、怒りを露にするサラを見て、してやったりのニヒルな笑み。

 リーズとリコは、いざというときには猫に頼ろうねとアイコンタクトを取った。


→ 【次の話へ
→ 【Index(作品もくじ)へ

【後書き】↓次号予告&作者の言い訳(痛いかも?)です。読みたい方のみ反転を。
(携帯の方は「テキストコピー」でたぶん読めます)
 はい、とうてい終わりません。プロローグ、あとニ話分……。さて、今回の裏サプライズ、予想されてた方はいらっしゃったでしょうか? いたらエライというか、天才! けっこうな伏線置いてるこのお話ですが、さすがに第二章からは時間が経ってしまい……まさに記憶力との勝負です。第二章ってなんだっけという方は遠慮なく読み直してください。作者羞恥プレイですが……そろそろ慣れてきました。ルリちゃんとカリム君のカップリング、どーでしょ? 作者的には、口数少なくて偉そうな日本男児と大和なでしこ、に見せかけて肝っ玉母さんのルリちゃんは、いい感じと思ってます。カリム君のハートはまだサラちゃんにあるので、後はルリちゃんの胸……じゃなく、腕の見せ所。シスコン王子を巻き込む陰で、一人漁夫の利を狙うアレクさまは狡いオトナです。
 次回は、クロル君の簡単謎解き後半と、地下牢探検編。もう一つの意外なカップリングにもご期待くださいませ。うふ。



*Edit TB(-) | CO(0)

~ Comment ~

 管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

MENU

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。