更新履歴

さわりを読むをクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼
2009 101234567891011121314151617181920212223242526272829302009 12

【  2009年11月  】 

◆2009年10月     ◆2009年11月       ◆2009年12月

スポンサーサイト

--.--.--【 スポンサー広告

 全文を読む


第五章(終)旅の終わり、そして始まり

2009.11.01【 第五章 砂漠に降る花

  サラの気持ちがしっかり浮上したことを確認したハナは、「サラちゃん愛してる!」と言いながら、サラの肋骨がきしむ程強くハグし、あっさり国王の元へ舞い戻った。 その背中で弾む栗色の長い髪が、ふわふわと浮かれるハナの気持ちを表しているようで、サラはくすっと笑った。 ハナの強烈な愛情を一身に浴びる国王は、情けない事に腰を抜かして立てないままだ。 暗闇の中、シルエット状態のハナが、そんな国王を足蹴にする&hel...全文を読む


第五章(45)解き放たれた魂

2009.11.01【 第五章 砂漠に降る花

  これは、美女と野獣ならぬ……“美女が野獣”。 サラが心の隅っこでそんなウマイことを考えている間、時を止める魔術がかけられたように、その場は完全に止まっていた。 誰一人、微動だにせず一点を見つめている。 太陽だけが、着々と店じまいの準備を進めていた。 人々の視線を一身に浴びているのは、ゲレンデが溶けるほど熱いキスをするハナだ。 ハナの唇を受け止める国王は、すっかり魂が抜けてい...全文を読む


うちのお兄ちゃんを紹介します 7.日曜夜

2009.11.01【 うちのお兄ちゃんを紹介します

 7.日曜夜 今日一日で、かなりの距離を歩いた。 お昼過ぎに渋谷駅で集合した後、ファイヤー通りをのんびり進んで原宿まで。そこで美香とさおりとは別れた。「この後カットモデルだから」とは言ったものの、詳しい事情は伝えていない。言い出したら、兄の改造計画がバレるからだ。 私はショップカードを片手に、原宿と表参道の間……いわゆる『裏原宿』エリアへ向かった。この辺は細い道が入り組んでいるため迷いやすい。ショップ...全文を読む


◆2009年10月     ◆2009年11月       ◆2009年12月

MENU

プロフィール

AQ(えーきゅー)

Author:AQ(えーきゅー)
細々と小説書いてます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

春夏秋冬 (11)
夏 ~香夏の章~ (0)
秋 ~秋都の章~ (2)
冬 ~千晶の章~ (0)
春 ~理久の章~ (8)
うちのお兄ちゃんを紹介します (12)
チビ犬とムツゴロウの恋愛事件簿 (1)
四泊五日グルメな子猫ちゃん体験ツアー (1)
一分間のラブストーリー (22)
冷蔵庫にゆずシャーベット (2)
マグカップにキャラメルティ (2)
トーストにピーナツバター (2)
そうして二人は月を見上げる (2)
トーストに、何つける? (2)
赤い花 (2)
ニガダマ (2)
朝から、プリン。 (2)
すきま風 (2)
ささやかすぎる贈り物~重なる想い~ (2)
初恋 (2)
三分間のボーイミーツガール (4)
天使の雲子(ウンコ)~Cloud Baby Cupido~ (2)
Fairy tale~微笑む君に、小さな花を~ (2)
その他掌編 (20)
画期的○○○○ (2)
探し物 (2)
エロマゲドン (2)
夏休みの計画~目指せ、熱湯甲子園!~ (2)
そして私は、夢をさがす (2)
スケバン女侠、お京が行く! (2)
ささやかすぎる贈り物~奇跡の花~ (2)
ミレニアムベビーな魔王さま! (2)
レイニーデイ ~雨音に魔法をかけて~ (2)
ツイッター小説(二百文字以下の超掌編) (2)
その他短編 (19)
拾い物 (2)
悪魔なサンタにお願いを (2)
ドメスティックバイオレンス弁当 (4)
七両目のリンゴ (2)
放課後レクイエム (2)
凡人・大木広人の事件簿 ~密室、消えたP&Uの謎~ (5)
さよなら、マルオ君。 (2)
砂漠に降る花 (218)
第一章 異世界召喚 (22)
第二章 王城攻略 (37)
第三章 王位継承 (51)
第四章 女神降臨 (31)
第五章 砂漠に降る花 (52)
番外編 (19)
その他(登場人物紹介他) (5)
回文(短文・詩・小説) (3)
未分類 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。